• ホーム
  • 水虫と梅田とクリアネイルについて

水虫と梅田とクリアネイルについて

脚に塗り薬を塗っている女性

梅田のエリアにも、水虫を相談できる皮膚科は、いくつもあります。
梅田の病院での水虫治療は、主に塗り薬で治していきます。
症状が爪白癬のケースであれば、抗真菌薬の内服なども必要となってきます。
一般的な塗薬での水虫治療は、患部のみではなく、少しだけ広い範囲で薬を塗るようにするといいです。
見た目の症状が治まってきたり、患部にかゆみが少なくなってきたら、だいたい油断してしまいがちです。
中途半端に自己判断で、塗り薬をやめて市街がちなのが、治りかけの時期です。
症状が落ち着き始めて、忘れがちになることもあります。
ですが、最低でも1ヶ月ほどは、患部に塗り薬を塗布することを続けます。
しっかりと塗り薬を使用することを守り、白癬菌に都合の良い環境を整えないようにします。
靴下は素材にもこだわり、靴や靴下などは、できるだけ通気性の良いものを履くことです。
そして、常に足元には、清潔を心がけましょう。
ウィルスがキチンと治まるまで、少し時間がかかるケースもあります。
ですから、梅田エリアの皮膚科で受診した場合も、ドクターの指示に従うことは大切です。

市販薬としては、水虫専用の塗薬であるクリアネイルもあります。
クリアネイルは、飲むタイプの医薬品と比較をすると、副作用的には少ないと言われています。
クリアネイルは、素早い浸透力技術ということで、特許を取得しています。
有効成分が塗布した爪の上から素早く浸透していくという作用で働きかけます。
抗真薬としてもトルナフタートは広く使用されている成分です。
特に水虫菌などの真菌感染症には高い効果を発揮する効果が期待できます。
爪に出来てしまった水主は簡単には事前治癒しないため、ケアしていくことが大事です。