おすすめ水虫対策グッズ

きれいな脚と花

できれば水虫にはなりたくないものなのですが、予防に有効な方法について知っておくと良いでしょう。
まずは足の裏を清潔にしておくことが大切なポイントとなっています。
足の裏にはさまざまな菌が潜んでいるため、毎日入浴などで清潔にしておくことはもちろん、溜まった角質のケアなどもしっかり行うようにしましょう。
家族と一緒に住んでいる人はスリッパなどに菌が潜んでいる可能性もあるため、家族で水虫菌に感染している人がいるという場合、その人のスリッパは履かないようにしましょう。
また、バスマットや素足でフローリングを歩く時などに感染することもありますし、バスマットは菌が付着しやすいので家族とは別のものにするのがおすすめです。
ちなみに、足が蒸れたまま靴下を履くのも良くありません。
水虫菌は高温多湿を好むため、五本指ソックスを身につけたりして通気性を良くしておくと良いでしょう。
指の間は通気性がとても大切なのですが、足に白癬菌に付着したからといってすぐに水虫になるわけではありません。
白癬菌は皮膚に付着しても24時間以内に洗い流せば、水虫にはならないとされており、毎日足を清潔に保っていればかかるリスクはかなり低くなると言われています。
しかし、足をどんなに清潔にしていてもバスマットなどには菌が生息し続けていますし、それらに対してもきちんと気をつけて生活するように心がけましょう。
水虫による足のかゆみをさらに予防したいという場合、おすすめの対策グッズというものがあります。
生地に薬剤を付着させて作った靴下というものがあるのですが、足の指の部分だけなので寒い時などに履くこともできます。
また、皮膚の殺菌や消毒を目的とした薬用石けんやかゆみ止め入り水虫薬などを使うのも良いでしょう。