公開履歴
きれいな脚を持っている女性

水虫は発症する部位によって症状に違いはあるものの、足や足の爪に起こりやすいものであり、かゆみが出たり、白くふやけたりする症状が出るのが特徴です。
水虫は白癬菌と呼ばれる真菌に対する感染症であり、角質層に感染することがわかっています。
感染源に触れないということが対策として最も良いものであり、水虫を持っている人の皮膚から剥がれ落ちた角質に接触しないようにし、接触してしまった場合には速やかに洗い流すことが大切です。
洗い残しがあった場合には感染が成立するリスクがあり、特に繁殖しやすい環境が整っているとその可能性が高まります。
白癬菌は高温多湿を好むことから日常的に靴を履いていると繁殖しやすい環境を与えることになってしまいます。
通気性の良い靴を履いたり、ときどき靴をぬぐようにすると予防につながっていきます。
足を清潔に保つということも基本的な対策となるでしょう。
こういった対策を行っていくことで感染リスクは低下しますが、それでもなお感染してしまう可能性は否定できません。
そうなってしまった場合には抗真菌薬を用いて治療を行っていくことが大切になります。
皮膚炎などではなく見た目にも水虫であることが明らかな場合には、セルフケアで治療をすることが可能です。
薬局で抗真菌薬を購入することが可能だからであり、自分で適切な薬を選んで治療に努めることが良い対処法です。
しかし、水虫かどうかが明らかではない場合や、爪の水虫にかかっている場合などには医療機関の受診をして、適切な対応をとってもらうことが重要です。
水虫をわかればその病態に応じて適切な抗真菌薬を処方してもらうことができます。
完治するまで治療を行うのには長い月日がかかりますが、適切な抗真菌薬を用いていけば完治が可能なのが水虫です。